• 開催中の展覧会
  • 次回の展覧会
  • 展覧会スケジュール
  • 過去の展覧会一覧

過去の展覧会

冬季特別展
開館10周年記念 蓬春ゆかりの五人の画家たち
開催期間:2001年11月1日~12月24日
この展覧会は終了しました。

戦後日本画壇においての山口蓬春は、昭和25年に日本芸術院会員に任命され、日展日本画部の指導者のひとりとなっていました。蓬春は師・松岡映丘のように画塾をつくることはありませんでしたが、かれのもとには若い画家たちが集まり、蓬春一門のグループが形成され始めていました。蓬春はこれらの後進の画家たちに対して強い指導力を発揮し、戦後の日本画壇をリードしました。
この展覧会で取り上げた5人を始めとする後進の画家たちは、いずれも新日本画の精神を受け継いだ次の世代として、戦後の日本画壇に新しい潮流を形成し、日本画の方向性を示す原動力となったのです。



主な展示作品

2001winter01.jpg
山口蓬春《洩るゝ陽》
昭和36年(1961)
2001winter02.jpg
浦田正夫《晨》
平成4年(1992)
2001winter03.jpg
大山忠作《富士翔鶴》
平成4年(1992)
2001winter04.jpg
佐藤圀夫《洋上の富士》
平成4年(1992)
2001winter05.jpg
高山辰雄《里の道》
平成6年(1994)
2001winter06.jpg
加藤東一《総がらみ》
平成4年(1992)