• 開催中の展覧会
  • 次回の展覧会
  • 展覧会スケジュール
  • 過去の展覧会一覧

過去の展覧会

新春展
やまと絵の名品展 ―蓬春遺愛の品々―
開催期間:2002年1月8日~3月28日
この展覧会は終了しました。

日本画家・山口蓬春(18931971)の名を世に知らしめた作品として、《神苑春雨》(大正13年、第5回帝展入選)、《三熊野の那智の御山》(大正15年、第7回帝展特選)、《緑庭》(昭和2年、第8回帝展特選)などが挙げられますが、それらの作品にはやまと絵の精神が最も優美な姿で表現されています。
蓬春のやまと絵における研鑚は、松岡映丘(1881-1938)を盟主とする新興大和絵会における活動に始まり、自らの鑑識眼により生涯にわたって蒐集された古美術の名品を糧にすることによって積まれていきました。
本展では、蓬春が永年にわたって築いたコレクションからやまと絵の優品を中心に、蓬春自身が追求したやまと絵のかたちをご紹介いたします。遺愛の品々を通じて、美術家・山口蓬春の生前の暮らしを偲んでいただければ幸いです。

主な展示作品

hoshun2001ss01.jpg hoshun2001ss02.jpg
山口蓬春《士女遊楽図》
昭和4-5年
hoshun2001ss03.jpg
太田垣蓮月《騎馬人物画賛》
江戸時代後期
hoshun2001ss04.jpg
山口蓬春《調馬》
昭和5年
hoshun2001ss05.jpg
山口蓬春《燈籠大臣》
大正8‐9年
hoshun2001ss06.jpg hoshun2001ss07.jpg
菱田春草《雛屏風 櫻草之図》
大正時代
hoshun2001ss08.jpg
住吉具慶《定家卿小倉山観楓之図》
十七世紀後半
hoshun2001ss09.jpg
伝俵屋宗達《伊勢物語 梓弓》
十七世紀中頃