• 開催中の展覧会
  • 次回の展覧会
  • 展覧会スケジュール
  • 過去の展覧会一覧

過去の展覧会

冬季展
蓬春コレクションより ―狩野派の作品を中心として―
開催期間:2002年10月31日~12月23日
この展覧会は終了しました。

山口蓬春(1893-1971)は、日本画壇の第一線で活躍する傍ら、古美術の蒐集家としても知られていました。
蓬春芸術の展開にとって古典の研究は欠かせないものでしたが、その対象はかれが自ら指向するやまと絵の分野にとどまらず、むしろ積極的に他流派への広がりを見せます。その中で養われていった鑑識眼により今回紹介する狩野派のコレクションが生まれました。
本展では、蓬春コレクションによる狩野派の作品より、狩野國松、探幽、尚信、常信の各画人をご紹介いたします。
同時に、蓬春が大正3年から5年(1914-16)にかけて、東京美術学校西洋画科在籍中本名の「三郎」を名乗っていた頃の油彩画を初めて出品いたします。

主な展示作品

ran2002.jpg

  紙本墨画淡彩
江戸時代・17世紀前半
狩野尚信
uri2002.jpg
瓜虫図
絹本着色
江戸時代・17世紀前半
狩野探幽模・原本趙昌
hatol2002.jpg hator2002.jpg
鳩鶉図
紙本着色
室町時代・16世紀後半
狩野國松
densha2002.jpg
路面電車
板 油彩
大正3年
山口三郎(蓬春) 1893-1971
fujin2002.jpg
女の肖像
板 油彩
大正元-3年
山口三郎(蓬春) 1893-1971
madobe2002.jpg
窓辺の静物
麻布 油彩
大正元-3年
山口三郎(蓬春) 1893-1971