• 開催中の展覧会
  • 次回の展覧会
  • 展覧会スケジュール
  • 過去の展覧会一覧

過去の展覧会

新春展
山口蓬春 生誕110周年記念
開催期間:2003年1月7日~3月30日
この展覧会は終了しました。

山口蓬春(1893-1971)は東京美術学校日本画科を卒業後、松岡映丘が率いる新興大和絵会に参加、やまと絵の伝統が強く意識された《扇面流し》を描きました。その後やまと絵という枠から抜け出したかれは、流派を超えた作家の集まりによる六潮会の活動を通じて、西欧美術の動向をいち早く採り入れ、個展に出品した《菊(秋瓶)》には西欧近代静物画への傾斜がみとめられます。
このような戦前の活動は、戦後蓬春モダニズムと形容される一連の作品に繋がり、《都波喜》に見るモダンな作風が生み出されました。昭和30年代にはよりその活動範囲を広げ、新橋演舞場緞帳《白蓮木蓮》や、古代ロマンを髣髴とさせる《宴》、清澄な詩情を湛えた《夏陰》と、蓬春芸術はより円熟した境地へと向かいます。
山口蓬春生誕110年を迎える本年、当館では新春特別展を開催し、大正、昭和にかけて伝統の継承と、時代に即した感覚の中で、新しい日本画の可能性を模索し続けた山口蓬春の50年以上に及ぶ画業を顧みます。



主な展示作品

2003spring01.jpg
山口蓬春《扇面流し》
昭和5年(1930)
山口蓬春記念館蔵
2003spring02.jpg
山口蓬春《都波喜》
昭和26年(1951)
山口蓬春記念館蔵
2003spring03.jpg
山口蓬春《菊(秋瓶)》
昭和14年(1939)
みずたに美術蔵
2003spring04.jpg
山口蓬春《静物》
昭和33年(1958)
財団法人水野美術館蔵
2003spring05.jpg
山口蓬春《宴》
昭和35年(1960)
神奈川県立近代美術館蔵
2003spring06.jpg
山口蓬春《菊(夏陰)》
昭和37年(1962)
財団法人水野美術館蔵
2003spring07.jpg
山口蓬春《白蓮木蓮》
昭和33年(1958)
山口蓬春記念館蔵