• 開催中の展覧会
  • 次回の展覧会
  • 展覧会スケジュール
  • 過去の展覧会一覧

過去の展覧会

冬季特別展
山口蓬春生誕110周年記念企画 蓬春ゆかりの作家による椿絵展
開催期間:2003年11月7日~12月21日
この展覧会は終了しました。

日本人に古くから愛されてきた花"つばき"。そして、つばきは多くの日本画家を魅了してきました。山口蓬春もその内の一人で、故・はる子夫人から遺贈された作品には33点の椿のスケッチが遺されている他、葉山の自宅兼アトリエ(現・山口蓬春記念館)を囲む日本庭園には冬から新春にかけて、さまざまな種類の椿が花開きます。
この度山口蓬春記念館では、蓬春生誕110年を記念して、あいおい損害保険株式会社(旧大東京火災)所蔵の椿絵7点を中心として、蓬春とゆかりの8作家による椿絵を陳列し、その表現のヴァリエーションを鑑賞する展観を企画いたします。
椿のすがすがしい香りが漂う中、各作家の個性によって花開いた"つばき"を堪能していただければと思います。



主な展示作品

   
2003winter01.jpg
福田平八郎(1892-1974)
《八重椿》
31.0 ×48.0cm
あいおい損害保険株式会社所蔵
2003winter02.jpg
奥村土牛(1889-1990)
《紅椿》
昭和30年頃
26.6 ×35.4cm
あいおい損害保険株式会社所蔵
2003winter03.jpg
橋本明治(1904-1991)
《椿(浅春)》
昭和29~30年
50.5 ×58.3cm
あいおい損害保険株式会社所蔵
2003winter04.jpg
加藤東一(1916-1996)
《春を告げる花》
32.0 ×41.0cm
あいおい損害保険株式会社所蔵
2003winter05.jpg
大山忠作 (1922- )
《椿》
昭和35年
53.2 ×73.1cm
あいおい損害保険株式会社所蔵
2003winter06.jpg
高山辰雄(1912- )
《椿》
昭和56年頃
31.0 ×41.0cm
あいおい損害保険株式会社所蔵
2003winter07.jpg
山口蓬春 (1893-1971)
《都波喜》
昭和28年
50.0×38.4cm
あいおい損害保険株式会社所蔵
2003winter08.jpg
山口蓬春 (1893-1971)
《都波喜》
昭和26年頃
37.3×44.0cm
山口蓬春記念館蔵
2003winter09.jpg
佐藤圀夫(1922- )
《椿》
平成15年
41.0 ×31.0cm
作家蔵
2003winter10.jpg
松本榮(1927- )
《椿》
平成15年
31.0 ×41.0cm
作家蔵