• 開催中の展覧会
  • 次回の展覧会
  • 展覧会スケジュール
  • 過去の展覧会一覧

過去の展覧会

2008_spring_flyer.jpg
新春特別展
山口蓬春と古陶磁 ―日本画家が愛した静謐な美の世界―
開催期間:2008年1月9日~3月23日
この展覧会は終了しました。

このたび山口蓬春記念館では特別展「山口蓬春と古陶磁―日本画家が愛した静謐な美の世界―」を開催いたします。
山口蓬春(1893~1971)は、東京美術学校日本画科を卒業後、伝統的な技法を基盤としつつ古今東西の芸術を吸収し、戦後は時代感覚を意識した独自の世界を創り出しました。戦後の創作拠点となった葉山の新画室にはガラスの飾り棚が備え付けられ、蓬春が戦前より蒐集し愛蔵していた古陶磁が飾られました。季節や来客によってそれらは飾り替えられ、画室を訪れる人々の眼を愉しませたといいます。
蓬春は美術学校を卒業した大正末頃より中国陶磁への関心を深め、昭和初期には平壌への旅行をきっかけに朝鮮の古陶磁のもつ魅力に目覚めます。昭和29年頃からは静物画のモティーフに唐三彩の俑や景徳鎮の瓶、ペルシアの皿などの様々な陶磁を取り上げてゆきます。そして晩年に至るまで、静物画を通じて古陶磁に内在する美を追求していったのです。
本展ではこれらの絵画作品とモティーフとなった陶磁器を併せて展示し、日本画家として、そして美術コレクターとしての蓬春の足跡を辿ります。

主な展示作品

2008s_01.jpg
山口蓬春《芍薬》
昭和32 年(1957)
山種美術館
hoshun2008s_02.jpg
重要美術品《五彩魚藻文面盆》
「大明萬暦年製」銘 景徳鎮窯
東京富士美術館
hoshun2008s_03.jpg
山口蓬春《瓶花》(薔薇)
昭和40年(1965)
山口蓬春記念館
hoshun2008s_04.jpg
山口蓬春《魚藻花洗》
昭和40年(1965)
株式会社ヤマタネ
hoshun2008s_05.jpg
山口蓬春《萬暦五彩花卉龍文方尊》素描
昭和41年(1966)
神奈川県立近代美術館
hoshun2008s_06.jpg
《三彩樹下美人俑》
中国・唐時代(8世紀)
山口蓬春記念館
hoshun2008s_07.jpg
《古赤絵牡丹文瓢形瓶》
中国・明時代(16世紀)
山口蓬春記念館
hoshun2008s_10.jpg
《色絵龍唐草文尊式瓶》
「大明萬暦年製」銘
中国・明時代(16-17世紀)
出光美術館
hoshun2008s_08.jpg
《三彩刻花牡丹文壺》
中国・遼時代(11-12世紀)
出光美術館
hoshun2008s_09.jpg
《三彩捻文盤》
中国・遼時代(11-12世紀)
出光美術館
hoshun2008s_11.jpg
山口蓬春《北京風景》素描
昭和18年(1943)
山口蓬春記念館
hoshun2008s_12.jpg
「葉山の画室にて
李朝鉄砂の大壺を手に取る蓬春」
昭和35年(1960)
藤本四八撮影