次回の展覧会
  • 開催中の展覧会
  • 次回の展覧会
  • 展覧会スケジュール
  • 過去の展覧会一覧

次回の展覧会

山口蓬春記念館 平成28年度 初冬収蔵品展

山口蓬春を魅了した花と鳥の世界

2016年10月22日(土)~12月25日(日)

花や鳥などを描いた作品は、太古の昔から現代まで世の中でみられ、特に東洋では一般的に花鳥画として知られています。そして多くの作例は時代を越えて人々を魅了し続けています。山口蓬春(1893-1971)は、その伝統的な花鳥画をよく学び、新日本画創造に邁進し続けた日本画家です。蓬春は著書の中で「自分は新しい日本画を創作するのだから、過去の日本画はかえり見る必要は無い、と言うような考えは、浅はかな考え方である。」 (『新日本画の技法』昭和26年、美術出版社) と述べています。蓬春は古名画の類を機会あるごとに観るだけでなく、それらを模写し、またその優れた審美眼によって古画の蒐集も行っていました。新日本画の先駆者としての蓬春、それを支え続けたのは古今東西の美術に対する研究そのものだったのではないでしょうか。

本展覧会では、蓬春の作品や蒐集した古画を通じて、時代を超越した花鳥画の魅力に迫ります。

主な展示予定作品

img1603-01.jpg
邊景昭
《蓮》
中国・明時代(14-15世紀)
[後期のみ]
邊景昭《蓮》中国・明時代(14-15世紀)[後期のみ]
img1603-02.jpg
《翡翠》
中国・明時代(16世紀)
[後期のみ]
《翡翠》中国・明時代(16世紀)[後期のみ]
img1603-03.jpg
《鳩梅図》
中国・明時代(16-17世紀)
[前期のみ]
《鳩梅図》中国・明時代(16-17世紀) [前期のみ]
img1603-01.jpg
狩野探幽
模写《趙昌筆 瓜虫図》
江戸時代(17世紀)
[前期のみ]
狩野探幽 模写《趙昌筆 瓜虫図》江戸時代(17世紀) [前期のみ]
img1603-02.jpg
山口蓬春
《飛潭》
昭和3-4年(1928-29)
[前期のみ]
山口蓬春《飛潭》昭和3-4年(1928-29)[前期のみ]
img1603-03.jpg
山口蓬春
《首夏》
昭和4-5年(1929-30)
[後期のみ]
山口蓬春《首夏》昭和4-5年(1929-30) [後期のみ]
img1603-01.jpg
山口蓬春
《立葵》
昭和8年(1933)頃
[後期のみ]
山口蓬春《立葵》昭和8年(1933)頃 [後期のみ]
img1603-02.jpg
山口蓬春
《溪》
昭和10年(1935)頃
[前期のみ]
山口蓬春《溪》昭和10年(1935)頃 [前期のみ]
img1603-03.jpg
山口蓬春
《果子図》
昭和24年(1949)
[後期のみ]
山口蓬春《果子図》昭和24年(1949) [後期のみ]

展覧会のご利用案内

会期:
平成28年10月22日(土)~12月25日(日)
前期:10月22日(土)~11月20日(日)
後期:11月22日(火)~12月25日(日)
※会期中、一部展示替えを予定しております。
※展示作品は都合により一部変更することがあります。
開館時間:
午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:
毎週月曜日
入館料:
一般 600円 高校生以下は無料
団体割引 100円割引 20名以上の団体で一週間前までに予約した場合
障がい者割引 100円割引 同伴者1名を含む
連携館割引 100円割引 連携館 葉山しおさい公園・博物館(大人券のみ)
    神奈川県立近代美術館 葉山(企画展の一般券・学生券のみ)
年間入館券 1,800円 (発行月から翌年の同月末日まで有効)
主催:
山口蓬春記念館・公益財団法人 JR東海生涯学習財団
後援:
神奈川県教育委員会、葉山町教育委員会

展覧会チラシ

A4_omote_160905.jpg

関連イベントのご案内

初冬の呈茶会

内   容   山口春子夫人が武者小路千家の茶道に通じていたことから、山口家にはその美意識が
        隅々までゆきわたっていたといいます。そのたたずまいとともにお抹茶や
        季節のお菓子をお楽しみください。(1席約20分)
日   程   11月26日(土)、27日(日)
時   間   第1席12:00~、第2席13:00~、第3席14:00~、最終席15:00~
場   所   山口蓬春記念館内
参 加 費   1席500円(但し、入館料別途必要)
定   員   各席10名
協   力   葉山町茶道連盟
申込 方法   前日までにお電話にて①氏名②電話番号③希望日・時間④人数を当館までご予約ください。

展示解説

内  容  展示の見どころを学芸員が解説します。
日  時  会期中の毎週日曜日 14:00~(約20分)
      ※都合により開催できない場合もありますのでご了承ください。
定   員  先着10名
集   合  開始時間までに入館料をお支払いの上、受付前にご集合ください。

お知らせ(画室補正工事)

当記念館には、建築家・吉田五十八が昭和28年(1953)に竣工し、戦後の創作活動の場とした蓬春の画室がございます。この画室は、建築からすでに60有余年が経ち特に基礎部分の老朽化が進んでおります。
当館では、この歴史的にも貴重な画室を未来永劫維持していくことを使命と踏まえ、この度補正工事を行うことに致しました。そのため、画室は次の工事期間中非公開とさせて頂きます。ご見学を楽しみにしておられる来館者の皆さまにはご不便をお掛けしますが、ご理解とご協力を賜りたいと思います。
なお、工事期間中は、初冬収蔵品展は通常どおり、ご鑑賞頂けます。

[画室工事予定期間] 平成28年10月17日(月)~平成29年1月末